NEWS

2023.11.09 【参加無料※要事前登録】福士誠治登壇イベント11/30開催「40年のパンデミック:エイズの教訓を受け継ぐ」

main

「インヘリタンス―継承―」公演を記念し、12月1日世界エイズデー前日にあたる、11月30日(木)に一般公開セミナー(主催:日本国際交流センター/グローバルファンド日本委員会)が開催されます。

エイズの原因となるウイルス、HIVの発見から40年が経過しましたが、エイズは今なおパンデミックの状態が続いています。現在、世界中で3900万人がHIVとともに生きており、低・中所得国を中心に年間に63万人がエイズで亡くなっています*。実に、およそ1分に1人の割合でエイズが人命を奪っているのです。SDGs(持続可能な開発目標)の目標3「すべての人に健康と福祉を」にもエイズ流行の収束が設定され、2030年に向けた国際的な動きが加速しています。*出典:国連合同エイズ計画、2022年

セミナーでは、本作主演の福士誠治、日本で長年HIVやLGBTQの問題に取り組んできた生島嗣氏をはじめ、国内外でエイズ問題に立ち向かってきた当事者、専門家や政府関係者等が一堂に会し、世界的なエイズ流行の現状を知り、エイズとの闘いを通じて学んだ教訓を共有し、継承し、再びパンデミック(世界的大流行)を防ぐために必要なことは何かについて考えます。

※参加には事前登録が必要です。定員に達し次第、受付を終了します。

▼イベント詳細・お申し込みはこちら
ページトップへ